発掘調査現地説明会

発掘調査現地説明会開催のお知らせです。

多賀城跡第95次発掘調査現地説明会について

                                 掲載日:令和3年10月8日

令和3年5月31日から多賀城跡の第95次調査として,政庁北側隣接地の政庁地区北方で発掘調査を実施しています。その成果につきまして,下記のとおり現地説明会を開催します。

開催日時
令和3年10月23日(土)(小雨決行)  午前10時30分から12時00分
 
※新型コロナウイルス感染予防対策により,少々お待ちいただく場合があります。

場所
多賀城跡第95次発掘調査現場 
多賀城市市川字大畑地内(別添地図参照)

調査成果
平安時代の掘立柱建物を2棟発見しました。このうち1棟は廂が付く構造で,規模は南北18.7m,東西9.6mと大型です。西辺が政庁西辺築地塀の北側延長上に,北辺が政庁の建物配置計画である9m方眼のライン上に位置しており,規模や構造,配置の計画性から政庁と密接な関係を持った建物と推定されます。

問合せ先
 電  話 022-368ー0102
 現場携帯 090-3642ー0324

★マスクの着用をお願いします。

大吉山瓦窯跡第1次発掘調査現地公開について【終了しました】

                                 掲載日:令和3年7月14日

多賀城関連遺跡発掘調査事業として、令和3年6月1日から大吉山瓦窯跡の第1次調査を実施しています。
その成果につきまして、下記のとおり現地公開を行いました。
当日の資料を公開します。→大吉山瓦窯跡第1次調査現地公開資料【PDF:1.3MB】

開催日時
令和3年7月20日(火)・21日(水)(小雨決行)
各日午前10時30分~16時00分
※駐車場に限りがありますので、必ず事前に下記連絡先にご連絡いただき、日時を調整したうえでお越しください。

連絡先
090-6257-0949(現場携帯)

集合場所
大崎市古川向三丁目多目的集会所
宮城県大崎市古川清水三丁目寺下1‐3
(別添地図参照)

調査成果
昭和49年に農道工事により発見された多賀城創建期の瓦窯跡ですが、これまで発掘調査が実施されておらず、詳細な内容は不明でした。今年度はトレンチ調査による部分的な確認ですが、斜面に窯跡が6基以上並んでいることが明らかになるなどの成果がありました。

★マスクの着用をお願いします

令和2年度第94次発掘調査現地説明会について【終了しました】

                                 掲載日:令和2年10月9日

第94次発掘調査の現地説明会を開催しました。
当日の資料を公開します。→多賀城跡第94次発掘調査現地説明会資料【PDF:6.70MB】

開催日時
令和元年10月17日(土)(小雨決行)
・午前:10時30分から12時00分(受付は11時30分まで)
・午後:1時30分から3時00分(受付は2時30分まで)


場所
多賀城市市川字大畑地内 第94次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩約20分。車でお越しの方は、見学者用駐車場をご利用ください。
会場と駐車場については下の図をご参照ください。当日は周辺に案内板を設置しています。

開催内容
・調査成果について職員が現地にて説明します。参加は無料です。
・参加される方はマスクを着用し、受付時に検温と手指消毒、および連絡先等の記入にご協力をお願いします。
密集を避けるために受付順で20人ずつ説明します。混雑時は説明開始までお待ちいただく場合があります。
説明時間は1回30分程度を予定しています。
・調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。

調査成果
・政庁の北側で掘立柱建物跡を発見しました。
・11世紀後半頃の白磁と土器が出土しました。

問合せ先
 090-3642ー0324(現場携帯電話)

「多賀城跡第94次調査 現地説明会会場・見学者駐車場の位置」【PDF:1.53MB】


令和元年度第93次発掘調査現地説明会について【終了しました】

                                 掲載日:令和元年10月31日

第93次発掘調査の現地説明会を開催いたしました。

 多賀城跡の発掘調査について少しでも理解が深まって帰っていただけたなら幸いです。
今後も、多賀城跡の調査研究、環境整備、公開普及に所員一同取り組む所存です。

 当日の配付資料を公開します。→多賀城跡第93次発掘調査現地説明会資料【PDF:4.3MB】


開催日時
令和元年10月14日(月:祝日)午後13:30分から(小雨決行)

場所
多賀城市市川字丸山地内 第93次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩25分。会場と駐車場については下の図を参照してください。

開催内容
・調査成果について職員が現地にて説明します。
・時間は一時間程度を予定しています。
・車でお越しの方は、見学者用駐車場(位置図参照)をご利用ください。当日は周辺に駐車場の案内板を設置しています。
・調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。
・参加は無料です。

調査成果
・平安時代の門を発見しました。
・外郭西辺を確認しました。



平成30年度現地説明会の開催について【終了しました】

 第92次発掘調査の現地説明会を開催いたしました。
 当日は、秋晴れの中100名ほどの方々にお越しいただき、間近で遺構と遺物を見ていただきました。
 多賀城跡の発掘調査について少しでも理解が深まって帰っていただけたなら幸いです。
 今後も、多賀城跡の調査研究、環境整備、公開普及に所員一同取り組む所存です。

 当日の配付資料を公開します。→多賀城跡第92次発掘調査現地説明会資料【PDF:2.0MB】

開催日時
平成30年11月3日(土)午前10:30から(小雨決行)

場所

多賀城市市川字五万崎地内 第92次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩20分。会場と駐車場については下の図を参照してください。

開催内容
・調査成果について職員が現地にて説明します。
・時間は一時間程度を予定しています。
・車でお越しの方は、見学者用駐車場(位置図参照)をご利用ください。当日は周辺に駐車場の案内板を設置しています。
・調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。
・参加は無料です。


調査成果
・五万崎地区官衙東部の土地利用の変遷が推定できました。
・緑釉陶器輪花埦の優品が出土しました。

平成29年度現地説明会の開催について【終了しました】

 第91次発掘調査の現地説明会を終了いたしました。
 当日は、雨天の中70名ほどの方々にお越しいただき、間近で遺構と遺物を見ていただきました。
 多賀城跡の発掘調査について少しでも理解が深まって帰っていただけたなら幸いです。
 今後も、多賀城跡の調査研究、環境整備、公開普及に所員一同取り組む所存です。

 当日の配付資料を公開します。→多賀城跡第91次発掘調査現地説明会資料【PDF:4.0MB】


開催日時

平成29年10月7日(土)午前10:30から(小雨決行)


場所

多賀城市市川字田屋場地内 第91次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩7分。会場と駐車場については下の図を参照してください。

開催内容
・調査成果について職員が現地にて説明します。
・時間は一時間程度を予定しています。
・車でお越しの方は、見学者用駐車場(位置図参照)をご利用ください。当日は周辺に駐車場の案内板を設置しています。
・調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。
・参加は無料です。


調査成果
・現代の地形改変や道路廃絶後の河川・流路によって大きく壊されていましたが、奈良・平安時代の南北大路の東側溝と路面を 発見しました。


平成28年度現地説明会の開催について【終了しました】

 第90次発掘調査の現地説明会を終了いたしました。
 当日は、200人を超える方々にお越しいただき、間近で遺構と遺物を見ていただきました。
 多賀城跡の発掘調査について少しでも理解が深まって帰っていただけたなら幸いです。
 今後も、多賀城跡の調査研究、環境整備、公開普及に所員一同取り組む所存です。

 当日の配付資料を公開します。→多賀城跡第90次発掘調査現地説明会資料【PDF:4.0MB】

調査風景写真出土した扇

 

開催日時
平成28年9月17日(土)午前10:30から(小雨決行)
場所
多賀城市市川字坂下地内 第90次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩10分。会場と駐車場については下の図を参照してください。
開催内容
・調査成果について職員が現地にて説明します。
・時間は一時間程度を予定しています。
・車でお越しの方は、見学者用駐車場(位置図参照)をご利用ください。当日は周辺に駐車場の案内板を設置しています。
・調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。
・参加は無料です。
調査成果
1 多賀城創建段階の外郭南辺を発見しました。
2 南辺が移動した後に、道路として使われたことがわかりました。
3 道路脇から文字が書かれた扇が出土しました。当日は実物を展示いたします(2枚目の写真)。
 


第89次調査(平成27年度)出土木簡の報道発表について【平成28年2月5日】

 今年度城前地区で実施した第89次調査で出土した木簡の内容を解読したところ、大変貴重な成果があがりましたので、昨日報道発表を行いました。
 8点出土した木簡の中でも、文書箱の蓋に書かれていた内容が最も大きな成果で、多賀城における鎮守府の存在がより確実なものになりました。今後も、大変貴重な文化財としてしっかりとした保存管理に努めていきます。
 詳しくはこちら→『多賀城跡第89次調査出土木簡について』【PDFファイル:191KB】

鎮守府の存在を示す「府」の文字が書かれた文書函の蓋報道発表の様子1報道発表の様子2

平成27年度現地説明会の開催について【終了_平成27年11月7日】

 多賀城跡第88次発掘調査の現地説明会は終了しました。当日は好天にも恵まれ、200名の皆様に足をお運びいただきました。所員一同、心より感謝申し上げるとともに皆様の「多賀城跡」に対する関心の高さに応えられるようさらに調査研究と環境整備、公開普及に取り組む所存です。

現地説明会で配付した資料を公開します。→『多賀城跡−第88次発掘調査現地説明会資料−』【PDFファイル:1.67MB】

開催日時
平成27年11月7日(土)午前10:00から(小雨決行)

場所
多賀城市市川字立石地内 第88次発掘調査現場
JR東北本線「国府多賀城駅」より徒歩10分
会場と駐車場については下の図を参照してください(図削除)。

開催内容

  • 調査成果について職員が現地にて説明します。
  • 時間は一時間程度を予定しています。
  • 車でお越しの方は、用意した見学者用駐車場(位置図参照)をご利用ください。当日は周辺に駐車場の案内板を設置しています。
  • 調査区内には斜面や凹凸があります。歩きやすい服装でお越しください。
  • 参加は無料です。

調査成果
 築地跡とそれに伴う櫓の跡を検出し、規模・構造・変遷が明らかになりました。特に、櫓については築地が最初に造られた奈良時代に設置されたこと、平安時代に礎石式の櫓が造られたことが判明しました。

問い合わせ先
宮城県多賀城跡調査研究所
電話:022-368-0102


多賀城跡出土の漆紙文書・木簡計495点が県指定有形文化財に【平成26年2月25日】

 多賀城跡出土の漆紙文書92点、木簡403点が、平成26年2月25日付けで、宮城県指定有形文化財(古文書)の指定を受けました。漆紙文書と木簡は多賀城跡の出土遺物の中でも情報量に富む資料で、文献資料が限られていた東北古代史の実態を直接示す新たな資料として重要な役割を果たしてきました。このような資料としての重要性が評価され、指定に至りました。

 以下に、指定を受けた漆紙文書・木簡計495点の一覧表を掲載します。
 →「漆紙文書_県指定一覧表」【PDFファイル:100KB】「木簡_県指定一覧表」【PDFファイル:178KB】

 漆紙文書とは、漆作業の際に、漆液が乾かないように不要になった紙(文書)を蓋として再利用した結果、しみ込んだ漆のおかげで紙が腐らずに残ったもので、日本で最初に多賀城跡で見つかりました。
 内容は、計帳(世帯主と家族の個人データで、課税台帳)、暦、物品の納入・請求文書、書物などです。
 木簡とは、木札に文字や絵が書かれたもので、荷札やまじないの呪文、個人のデータが書かれたもの、文字を練習したものや削り屑などがあります。
 なお、木簡に関しては、その出土品を集成した資料集Ⅱ~ⅣのPDF版をご覧いただけます。

 →資料集Ⅱ~Ⅳ『多賀城跡木簡Ⅰ~Ⅲ』(PDFファイル)のダウンロードページへ

県指定有形文化財に登録された多賀城跡の漆紙文書と木簡