【復興】宮城県の文化財

スマートフォンメニュー
地元の大工さんの手により見事に修復された。

亘理郡山元町

お天王さん祭り(八重垣神社例祭)

八重垣神社は海岸近くにあり、社殿は寛政年間(1789〜1801)の造営とされ、総欅造で見事な彫刻もみられました。「お天王さん祭り」とは、八重垣神社例祭の通称で、仙南地方の三大夜祭りとして知られています。毎年、旧暦の6月15日の前後の土日(7月下旬)に開催され、その日曜に神輿渡御が行われます。

八重垣神社は、300名もの氏子(内、犠牲者90名)を持ち、町内で最も大きい神社でした。土曜日の宵祭りには花火大会や演芸大会、日曜日には神輿を担いで海に入る神輿渡御が行われました。

お天王さん祭り

30人近くの担ぎ手が神輿を担いで海に入る神輿渡御は県内でも珍しくその姿は圧巻であった。(写真は震災後)

復興への道のり

震災前

震災前

震災後

震災後

写真:小谷竜介氏

津波に流されてしまったが、奇跡的に原形をとどめて発見された。

津波に流されてしまったが、
奇跡的に原形をとどめて発見された。

写真:小谷竜介氏

被災状況

社殿等の建物が基礎を残して流された

海岸近くにあった八重垣神社は、社殿等の建物が基礎を残して流され、鎮守の森も大きな被害を受けました。神輿も流されましたが、300m離れた元総代長の宅地に流れ着き、奇跡的に発見されました。震災直後には、神輿の修理も間に合わず、お祭りを行う心情にもなれず、鎮魂の祈りを込めた花火と、藤波宮司ら地域の方数人により、スサノオノミコトさま(八重垣神社の祀り神)など神々への御祈祷を行ったのみでした。

その翌年、地域からお祭りの開催を求める声が強くあがり、約2か月の修理を経て神輿が修復され、1年ぶりに八重垣神社でお天王さん祭りが開催されました。

 

修理経過

鎮守の森の植樹を行うことになっています

文化庁「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」により、神輿の修理を行い、流された用具をそろえました。修理は、震災以前から神社の修理を依頼していた町内の大工さんに手がけていただくことができました。また、日本財団の支援を受けて、鎮守の森の植樹を行なっています。

関係者が語る復興への想い

藤波祥子さん

八重垣神社宮司
お天王さま祭り保存会庶務
藤波祥子さん

笠野の人はみんな元気

氏子さんたちが一番多い仮設が南の方にあるんですけども、他の地区の人達も当然混ざってますよね。その他の地区の人達がたまたまここにきて、いや~笠野の人達すごいよねって、なにがすごいのって言ったら、あそこの仮設は笠野新浜の人がいっぱいいるから、何かイベントをやろうって言うとみんなですぐさーっと集まって一気に盛り上がる。で、皆がすぐわ~ってやり始める。とにかく皆が元気だって言うんですね。

今年のお正月にいらっしゃった方は、震災から忙しくて一日も休まず働いたって。ちゃんとここに心のよりどころがあるんだから、そんな急がなくてもいいんだよねっていうことをおっしゃってたんですね。なるほど、八重垣神社ってそういう拠り所なんですよね。

あそこにお天王さんがあるからってことで皆さんの気持ちが落ち着いたり、冷静になってくれたりっていう、そういう力もあるのかなと。

神社を中心にしてまとまるのがいい

今年もお祭りに結構人が来ましたね。被災して仮設住宅なんかに入っている人はね、やっぱり、精神的な支えっていうんですかね。よし、頑張ろうというのはやっぱりお祭りなんですよね。年齢に関係ありませんから。小さい子供から年取った方まで、皆喜んできますから。

これから環境整備が大変ですよ。人が住める環境じゃなくなってきますから。でも神社もお寺もここに残りますから、守れればいいかなと思っているんです。お祭りだっていうとね、お神輿さんが行くとこは綺麗にしなくちゃいけないし、神社周りだって草とって綺麗にしなくちゃだし。今までは区民が総出でね、草を刈ったり側溝を掃除したりして環境を整備してたんですけど、それがこれからだんだん難しくなりますから。そういう事をやるには昔のここを分かってる人がいないとなかなか難しいんですよ。だから私は、生きている間はそういうのをやりたいと思ってます。やっぱり神社を中心にしてまとまるのがいいんです。だからやっぱりお祭りは必要なんですよ。そしてお祭りを守るためにも環境整備が必要なんです。

嶋田博美さん

八重垣神社の氏子
嶋田博美さん

見どころ・イベント

Photo

2月~6月
「いちご狩り」

山元町はいちごの生産地としても有名です。八重垣神社の周辺にもいちご狩りが楽しめる施設が多数あります。農産物直売所「夢いちごの郷」では、毎年6月にふれあい市を開催しています。※いちご狩りの実施期間は施設によって異なります。あらかじめお問い合せください。


「お天王さん祭り」

毎年夏に開催しています。

アクセス方法

〒989-2202  宮城県亘理郡山元町高瀬字笠野128
TEL 0223-36-8320

駐車場 大型車5台、普通車90台

http://www.town.yamamoto.miyagi.jp/

○お車の場合:仙台東ICから仙台東部道路・常磐自動車道のいずれかで山元ICへ、次に一般道で八重垣神社へ
MAPCODE

マップコード 332 439 408

○カーナビに入力してご利用下さい。

※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

制作協力

  • 宮城県地域文化遺産復興プロジェクト実行委員会
  • 独立行政法人 国立文化財機構、東京文化財研究所
  • 株式会社 マヌ都市建築研究所
Copyright © 2015 Miyagi Prefectural Government. All Rights Reserved.