!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

展示-過去の展示一覧 |

特別展示室

テーマ展示 第1室

テーマ展示 第2室

  • 「博物館で守られる「モノ」-資料を遺す保存科学の仕事-」

    「博物館で守られる「モノ」-資料を遺す保存科学の仕事-」
    2019年4月9日(火)~8月4日(日)
     博物館での大切な仕事の一つに、実物資料としてあるゆる「モノ」を後世に遺すということがあります。そのままの状態では劣化や変質の過程をたどる様々なモノを、どのようにしてより長く遺していくことができるのか考え、...すべてみる
  • 「宮城の土偶」

    「宮城の土偶」
    2019年8月6日(火)~12月1日(日)
     土偶は,人をかたどったとみられる粘土で作られた像です。縄文時代から弥生時代の中頃まで作られました。さまざまな形や大きさ,文様がありますが,同じ時期と地域では共通する特徴があります。この展示では,当館所蔵の...すべてみる

テーマ展示 第3室

  • 「仙台の近世絵画-梅関と江稼圃-」

    「仙台の近世絵画-梅関と江稼圃-」
    2019年5月8日(水)~6月30日(日)
     仙台出身で、江戸後期に活躍した「仙台四大画家」の一人である菅井梅関は、中国の「文人画」を模範とした日本の「南画」の画家として広くその名を知られました。 江戸、関西、長崎など、各地を巡って絵画の技法を学んだ...すべてみる
  • 「東北の古文書-金山関係資料-」

    「東北の古文書-金山関係資料-」
    2019年7月2日(火)~9月1日(日)
     北上山地南部は,金資源に恵まれた地域です。その金が,東大寺の大仏に塗布されたこと,奥州藤原氏の黄金文化を支えたことは有名です。明治時代には日本最大の自然金を産出するなど,昭和40年代まで採掘が行われていま...すべてみる
  • 「仙台の近世絵画-東東洋の屏風-」

    「仙台の近世絵画-東東洋の屏風-」
    2019年9月3日(火)~10月20日(日)
     本展示では,仙台を代表する近世画家の一人である東東洋(あずまとうよう)の屏風を紹介します。 屏風は,部屋の仕切りや目隠しなどに用いられる調度品ですが,そこに絵が描かれることで,空間を演出する装飾品としての...すべてみる
  • 「仙台の近世絵画-多彩な画題-」

    「仙台の近世絵画-多彩な画題-」
    2019年10月22日(火)~12月1日(日)
     日本の近世絵画には,山水,人物,花鳥など様々な題材が描かれています。画家たちはこうした絵画の題材,「画題」を,日本や中国で生まれ古くから繰り返し描かれてきた伝統的な画題から選択し,他の画家や流派に学びなが...すべてみる