!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

展示-展示一覧-映像展示室 展示案内 |

東北各地の無形文化財
(特設ブース上映)

東北各地の祭礼や芸能,伝統技術といった無形の文化財を紹介します。
上映期間①平成28年4月~平成29年3月  「村境の神々」
②平成28年4月            「小迫の延年」
③平成28年5月~7月        「正藍染」
④平成28年8月~10月       「雄勝硯」
⑤平成28年11月~平成29年1月 「柳沢の焼け八幡」
⑥平成29年2月~平成29年3月  「小迫の延年」 
上映時間1日7回上映(①10:00~ ②11:00~ ③12:00~ ④13:00~ ⑤14:00~ ⑥15:00~ ⑦16:00~) 約30分
休館日毎週月曜日(月曜日祝日・休日の場合は翌平日)
①「村境の神々-人形神に託した祈り-」
  伝染病や害虫といった災いから集落を守るため,東北地方では広くワラ製の人形が作られました。災いを防ぎ,送り出す人形を巡る祭礼行事を紹介します。

②「小迫の延年-春をめでる野の舞-」
  宮城県栗原市金成小迫の白山神社に奉納される芸能です。田楽舞など中世に起源を持つ多様な芸能が,延命長寿や厄除けを願い演じられます・(重要無形民俗文化財)

③「正藍染-千葉まつ江のわざ-」
  藍の栽培から染めまでを一人の女性が担う正藍染は,藍を加湿しない古い藍染法を国内で唯一現在に伝える,貴重な工芸技術です。(宮城県指定無形文化財)

④「雄勝硯」
  宮城県石巻市雄勝に産する粘板岩は,古くより硯石,現在はスレート屋根材としても用いられています。津波を乗り越えてきた石材加工の技術を紹介します。

⑤「柳沢の焼け八幡-小正月の訪れ者-」
  宮城県加美町柳沢の焼け八幡は,仮作りの小屋を燃やす作占いなど,火難除け,五穀豊穣,家内安全を願う一連の小正月行事です。(宮城県指定無形民俗文化財)