!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

「高僧の墨蹟-黄檗僧の書-」

鉄牛道機筆 鶴 置字(東園寺) 鉄牛道機筆 鶴 置字(東園寺)

 当館では県内各地に所在する文化財の調査に力を入れてきました。その中でも,高僧の記した墨蹟類が諸寺院で多数所蔵されていることがわかり,現在も調査を継続しています。
 その調査の成果を元に,今回の展示では,塩竈・東園寺所蔵資料を中心に黄檗僧の墨蹟を特集します。
 黄檗宗は江戸時代前期に,中国から渡来した隠元隆琦(いんげんりゆうき)によって伝えられました。仙台藩では,四代藩主伊達綱村が帰依し,鉄牛道機を開山として大年寺が開創されました。
 今回は,その特徴である伸びやかな書や端正な筆致など,多様な黄檗墨蹟の世界について,鉄牛道機の書を中心にご紹介します。
開催期間2016年10月25日(火)~12月11日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金常設展観覧券で御覧になれます。
一般400円(20人以上の団体は320円) 小・中・高校生無料
主催東北歴史博物館