!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

仙台の近世絵画 -仙台四大画家-

 近世には,狩野派をはじめ様々な画風による数多くの画家が活躍し,多くが弟子たちによってそれぞれの画風が受け継がれ,各地へと広まりました。
 仙台では,江戸時代後期に活躍した東東洋,菅井梅関,菊田伊洲,小池曲江の四人がとくに有名で,後に「仙台四大画家」と総称されます。彼らは江戸,関西や長崎などで学んだ画風を仙台にもたらすとともに,後進を育て,各々の画風をこの地に根付かせました。本展では,仙台四大画家を中心に,バラエティに富む仙台の近世絵画の一端を紹介します。
開催期間2016年4月26日(火)~6月5日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
※5月2日(月・祝)は開館
観覧料金常設展示観覧料金でご覧頂くことができます。
一般400円(20人以上の団体は320円)
(小・中・高校生は無料)
主催東北歴史博物館