!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

特別展示室 展示案内

東日本大震災復興祈念 臨済禅師1150年遠諱記念 
白隠禅師250年遠諱記念 瑞巌寺国宝本堂修繕完成記念
企画展「大白隠展ー現代によみがえれ,下化衆生の精神ー」

白隠慧鶴筆「半身達磨図」(満勝寺蔵) 白隠慧鶴筆「半身達磨図」(満勝寺蔵)

 平成29年に250年遠諱を迎える白隠慧鶴は,日本臨済宗中興の祖と呼ばれ,「五百年間出」(五百年に一人)の名僧と言われた江戸時代中期の禅僧です。公案(禅問答)を体系化し,多くの弟子を育成しました。
 禅師は,弟子の指導や信者の強化のために数万点とも言われる墨蹟書画を遺しています。これまで,白隠墨蹟の評価は高く,海外にもその名が知られていましたが,近年は花園大学元教授芳澤勝弘氏の研究により,長年不明だった絵解きがなされるとともに,新出の墨蹟が発見されることが多くなってきました。
 本展は,芳澤氏監修のもと,白隠禅師が活躍した静岡県沼津で,長年にわたり蒐集された個人コレクションを中心に,新出資料や宮城で秘蔵されてきたものをあわせ,200余点をかつてないスケールで紹介します。
開催期間2016年4月16日(土)~6月26日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
  ※5月2日(月・祝)は開館
観覧料金常設展観覧券でご覧になれます。
一般400円(20名以上の団体は320円)
(小・中・高校生無料)
主催大白隠展実行委員会(瑞巌寺,東園寺,満勝寺,東北歴史博物館)
関連行事記念講演会】 ※入場無料・事前申込不要
 4月16日(土) 13:30~ 当館3階講堂
 「現代によみがえれ,下化衆生の精神」 芳澤勝弘氏(花園大学国際禅学研究所顧問)

展示解説】 ※常設展観覧券が必要・事前申込不要)
 会期中の毎週日曜日 各回14:00~

 
その他本企画展は,「瑞巌寺宝物館」と2会場同時開催となっています。

関連催事