!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

「東北の古文書 -伊達騒動-」

「原田甲斐は無言で伊達安芸に切り付けた」(蜂屋記二冊之内抜書より) 「原田甲斐は無言で伊達安芸に切り付けた」(蜂屋記二冊之内抜書より)

  伊達騒動は,江戸時代前期に仙台藩で発生した御家騒動です。御家騒動とは,藩内で生じた政争であり,伊達騒動は御家騒動の中でも山本周五郎の『樅の木は残った』などの小説や芝居・テレビドラマで取り上げられて,特に有名になっています。
  当館所蔵の涌谷伊達家文書は宮城県図書館より移管されたもので,遠田郡涌谷(宮城県涌谷町)の領主であった同家に伝わった文書群です。涌谷伊達家は,一門と呼ばれる最上位の家格に属し,約二万二千石の所領を持つ,藩内きっての重臣でした。同家に伝わった文書群は総数約五千八百点に及ぶものですが,このうち伊達騒動関係の文書は,伊達安芸宗重を始めとする騒動関係者の書状・文書等を含み,騒動の全貌を伝えるものとなっています。
  この展示では,涌谷伊達家文書の中から,騒動と深く関わる文書を紹介し,事件の一端に触れていきたいと思います。
開催期間2014年11月11日(火)~11月30日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
※11月24日(月・祝)は開館
※11月25日(火)は休館
観覧料金常設展観覧券で御覧になれます。
一般400円(20人以上の団体は320円) 小・中・高校生無料
主催東北歴史博物館