!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

特別展示室 展示案内

特別展「熊と狼-人と獣の交渉誌-」

病魔を除く狼の頭骨(弘前市・個人蔵) 病魔を除く狼の頭骨(弘前市・個人蔵)

 人を襲う獣としておそれられた熊と狼。近年,里に出没する熊が増え,人身被害も起きています。 もともと熊は山の奥にすみ,山の神から授かるものとして猟師(マタギ)が獲ってきました。熊の毛皮や胆嚢(熊の胆)は高値で取り引きされ,江戸時代には捕獲や流通を管理する藩もありました。
 他方の狼は人里近くにすみ,田畑を荒らす鹿や猪を獲る益獣としてあがめられる一方で,人や馬に危害を加える害獣として駆除され,明治時代に絶滅しました。
 熊や狼のさまざまな資料を通して,人と獣との関わりを考えてみます。
開催期間2017年9月16日(土)~11月19日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(ただし,9/18,10/9は開館),9/19,10/10
観覧料金観覧料:一般800円(700円) シルバー700円(600円) 小・中・高校生300円(200円)
※かっこ内は20名様以上の団体
※東北歴史博物館友の会会員の方は無料となります。
割引券
主催東北歴史博物館(芸術文化振興基金助成事業)
後援多賀城市/多賀城市教育委員会/多賀城市観光協会/多賀城・七ヶ浜商工会/TBC東北放送/
仙台放送/ミヤギテレビ/KHB東日本放送/朝日新聞仙台総局/毎日新聞仙台支局/
読売新聞東北総局/産経新聞社東北総局/エフエム仙台/宮城ケーブルテレビ
共催河北新報社/NHK仙台放送局
協力セルコホーム ズーパラダイス八木山/仙台うみの杜水族館
女子美術大学(特別協力)
関連行事【展示解説】
 ※観覧券が必要・事前申込不要
 毎週日曜日
 (9月17日,9月24日,10月1日,10月8日,10月15日,10月22日,10月29日,11月5日,11月12日,11月19日)

 各回11:00~(1時間程度)
 場所:特別展示室
 担当:展示担当職員

【記念講演会】
第1回 10月15日(日)13:30~15:00
 「旅マタギを検証する-技術と歴史史料でたどる出稼ぎ狩猟の実態-」
 講師:田口 洋美氏(東北芸術工科大学歴史遺産学科教授)
 場所:当館3階講堂
   ※事前申込み不要,参加無料です。

・第2回 10月28日(土)13:30~15:00
 「人を襲う熊-十和利山熊襲撃事件の全貌-」
 講師:米田 一彦氏(日本ツキノワグマ研究所理事長)
 場所:当館3階講堂
   ※事前申込み不要,参加無料です。

【関連イベント】
 11月3日(金・祝)「熊爪ペンダントを作ろう!」 
 時間:1回目(10:30~11:30)
     2回目(13:30~14:30)
 定員:各回ともに20名
 場所:当館1階実習室
 受付:10月3日より開始
    ※参加無料。定員に達し次第受付終了となります(先着順)。

展示構成

プロローグ 現代の問題

 

第1章 獣と人

 四つ足で歩き,毛のある野生動物を獣と言います。人は親しみを込めて獣を見ることもあれば,獣を獲って,その毛皮や肉を利用することもあります。獣はときに人を襲うこともあり,なかでも熊と狼は恐れられてきました。

 第1節 さまざまな獣

 第2節 人を襲う獣

 第3節 熊と狼の被害 

http://172.20.94.100/ibmuseumom/media_files/cms/mid/649.jpg?uid=20170828140505http://172.20.94.100/ibmuseumom/media_files/cms/mid/651.jpg?uid=20170828140505

左:ニホンオオカミ骨格標本(国立科学博物館蔵)

右:狼被害女性墓(気仙沼市上東側)

   

第2章 熊との関わり

 熊の毛皮や胆(胆嚢)は高値で取り引きされたため,猟師はさまざまな方法で熊を獲ってきました。熊は山の神から授かるものとして,猟師たちは独特の習俗や信仰を伝承してきました。

 第1節 熊を獲る人

 第2節  熊を獲る

 第3節 熊を使う

 第4節 マタギの習俗

http://172.20.94.100/ibmuseumom/media_files/cms/mid/646.jpg?uid=20170828120225

左:安産祈願に使われた熊の手(二戸歴史民俗資料館蔵)

右:熊を解体する猟師を描いた版画(村上市・旧山熊田中学校蔵)

 

第3章 狼との関わり

 狼には特別の力があるとして信仰されてきました。また,鹿や猪から農作物を守る益獣として,人びとからあがめられました。狼を捕獲して,その部位を利用することは稀でしたが,人や馬を襲うこともあったために,害獣として駆除されていき,明治末に姿を消しました。

 第1節 狼に願う

 第2節  狼が襲う

 第3節 狼を除く

http://172.20.94.100/ibmuseumom/media_files/cms/mid/647.jpg?uid=20170828120225http://172.20.94.100/ibmuseumom/media_files/cms/mid/650.jpg?uid=20170828140505

左:獣の牙を使った祈とうの数珠(日月寺蔵,中山町立歴史民俗資料館蔵)

右:狼駆除に使った毒薬(二戸歴史民俗資料館蔵)

 

エピローグ 熊の行く末