!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

「東北の古文書-金山関係資料-」

御本判(木製) 文禄三(1594)年 御本判(木製) 文禄三(1594)年

 北上山地南部は金資源に恵まれ,古くから砂金の採取や金山開発が行われてきました。特に砂金の採取は盛んに行われ,東大寺の大仏に塗布されたり,平泉の黄金文化を支えたりしたことは有名です。その一方で,砂金を採取していた人たちの様子を知ることはあまりありませんでした。
 岩手県藤沢町の及川家に伝わる文書等により,どのような形で砂金採取が行われていたのか,その一部を紹介します。
開催期間2015年9月15日(火)~11月8日(日)
開館時間9:30~17:00まで(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金常設展観覧券でご覧になれます。
一般400円(20人以上の団体は320円)
(小・中・高校生無料)
主催東北歴史博物館