!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室2室 展示案内

「柄鏡の美」

和鏡「源氏」(津田薩摩守定次) 和鏡「源氏」(津田薩摩守定次)

和鏡「福寿」宝尽くし(天下一藤原政重) 和鏡「福寿」宝尽くし(天下一藤原政重)

 柄鏡は,銅鏡に柄を付けたもので江戸時代に流行した化粧道具です。柄の付いた和鏡は,室町時代終わりからみられ,江戸時代に庶民が使うようになるとだんだんと鏡が大きくなり,鏡背には,吉祥紋や風景,文学の一場面など様々な図柄が描かれるようになりました。このような柄鏡には,鏡師の銘が刻まれるものもあります。銘には「天下一」という特別な称号を付したものがあり,そこからはおおよその製作年代を読み取ることができます。
 この展示では,柄鏡の形態や銘,図柄を通してその魅力を紹介いたします。
開催期間2020年1月5日(日)~7月5日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日 (祝・休日の場合はその翌平日)

観覧料金常設展観覧料金で御覧になれます。
一般460円(20人以上の団体は360円)
小・中・高校生無料
主催東北歴史博物館