!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

「高僧の墨蹟-満勝寺所蔵文化財 続ダルマコレクション-」

春叢紹珠筆 半身達磨図 春叢紹珠筆 半身達磨図

 禅宗の祖である達磨大師の図像と賛で構成される達磨画賛は,当然のことながら禅宗に於いては最も珍重され,多くの作品が生み出されていますが,図像は各時代や法系によって大きく異なり,また賛については江戸時代前期から中期に画期があり,その後それが伝統として受け継がれながらも,処々で新たな展開を見せています。
 今回は,図像と賛との関係とその流れ,賛の内容における継承と新展開という二つの新視点に基づき,多様な達磨画賛の世界についてご紹介します。
開催期間2019年2月1日(金)~3月17日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金常設展観覧料金でご覧になれます。
一般460円(20人以上の団体は360円)
小・中・高校生は無料
主催東北歴史博物館