!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

特別展示室 展示案内

伊達綱村公300年遠諱記念 特別展
「 伊 達 綱 村 」

伊達綱村像 東園寺蔵 伊達綱村像 東園寺蔵

 仙台藩四代藩主である伊達綱村は,いわゆる伊達騒動と呼ばれる最大の危機を乗り越えて仙台藩を発展させました。また現在も信仰・文化の拠点となっている多くの寺社を建立・造営したほか,学問を奨励し藩史編纂事業を行うなど文教の興隆にも努めました。没後300年を迎えるにあたり,政治・経済・文化の各方面にわたって大きな影響を与えた伊達綱村について,今に残る関係文化財等によってその事績を顕彰します。また,17世紀後半,衰退していた地域が伊達綱村の政策によって復興・発展したことにより,今も綱村を顕彰している地域があります。そのような,現在まで受け継がれている地域とのつながりについても取り上げていきます。

► 特別展のこれまでの様子はここをクリックしてジャンプ!
開催期間2018年10月6日(土)~12月2日(日)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(ただし,10/8は開館),10/9
観覧料金観覧料:一般1,000円 シルバー900円 小・中・高校生300円
※身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその介護者(1名)は,無料となります。
※東北歴史博物館友の会会員の方は窓口での本人負担はありません。(会員証の提示が必要です。)
主催東北歴史博物館
後援多賀城市/塩竈市/多賀城市教育委員会/塩竃市教育委員会/多賀城市観光協会/多賀城・七ヶ浜商工会/鹽竈商工会議所/TBC東北放送/仙台放送/ミヤギテレビ/KHB東日本放送/エフエム仙台/宮城ケーブルテレビ/朝日新聞仙台総局/毎日新聞仙台支局/読売新聞東京本社東北総局/産経新聞社東北総局
共催NHK仙台放送局/河北新報社/志波彦神社・鹽竈神社/大年寺/孝勝寺/善應寺/満勝寺/東園寺
助成 芸術文化振興基金
関連行事【記念講演会】
※特別展観覧チケットが必要です  事前申込不要
 平成30年10月14日(日) 13:30~15:00
 場所:3階 講堂
 講演:「無垢の求道者 伊達綱村」 東海林恒英氏(元仙台市博物館長)

【講演会と対談】
※特別展観覧チケットが必要です  事前申込不要
◇第1回 平成30年11月11日(日) 14:00~15:30
 場所:3階 講堂
 講演:「伊達綱村と禅」 吉田道彦師(瑞巌寺住職)
 対談:「お殿様の禅修行」 吉田道彦師(瑞巌寺住職)・千坂成也師(東園寺住職)

◇第2回 平成30年11月17日(土) 13:30~15:30
 場所:3階 講堂
 講演:「伊達正統世次考の考察-当主の諱を中心に-」 桐原昌道師(満勝寺住職)
 対談:「伊達綱村と母君」 谷川日清師(孝勝寺貫首)・東海林恒英氏(元仙台市博物館長)


【シンポジウム】
※特別展観覧チケットが必要です  事前申込不要
◇平成30年11月24日(土) 13:30~15:30
 場所:3階 講堂
 基調報告1:「伊達綱村と鹽竈神社」 茂木裕樹(鹽竈神社博物館学芸員)
 基調報告2:「伊達綱村と貞享特令」 塩田達也(東北歴史博物館副主任研究員)

 鼎      談:「伊達綱村と塩竈」 茂木裕樹 ・ 塩田達也 ・ 千坂成也師(東園寺住職)

【書道パフォーマンス】

◇第1回 平成30年10月6日(土) 14:00~14:30
◇第2回 平成30年11月10日(土) 11:00~11:30
 場所:水上舞台

 演者:聖ウルスラ学院英智書道部のみなさん

【展示解説】

 ※特別展観覧チケットが必要です  事前申込不要
 毎週日曜日
 (10月7日,10月14日,10月21日,10月28日,11月4日,11月11日,11月18日,11月25日,12月2日)

 各回11:00~12:00
 場所:1階 特別展示室
 担当:展示担当職員

展示構成

第1章 幼君亀千代 -後見人政治と伊達騒動-

第2章 綱村の親政

第3章 綱村の信仰 -寺社の造営-

   第1節 鹽竈神社 -二度の造営

   第2節 大年寺 -黄檗宗への傾倒

   第3節 善應寺 -父の死後のため・臨済僧との交流

   第4節 孝勝寺 -母への思い・子への愛

   第5節 満勝寺 -伊達氏始祖を顕彰する

第4章 地域とのつながり -塩竈の復興と肯山講-