!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

テーマ展示 第展示室3室 展示案内

「仙台の近代絵画-対幅と一双屏風-」

松原深水筆 「女英・楊貴妃図」 松原深水筆 「女英・楊貴妃図」

 掛け軸は一幅、二幅と数えます。これが複数で一組のセットになっているものを「対幅」と呼びます。また、屏風は二つ(隻)一組で制作されることが多く、これを「一双」と数えます。
 複数で一組の掛け軸や屏風には、左右対称を意識した構図や、対照的な季節や時間の対比など、一幅・一隻だけの場合とは異なる独特の構図や組み合わせの面白さがあります。本展では、館蔵の近世絵画を通して「対幅」の掛け軸や「一双」の屏風の魅力をご紹介します。
開催期間2018年8月7日(火)~9月17日(月)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)
観覧料金常設展観覧料金でご覧になれます。
一般460円(20人以上の団体は360円)
小・中・高校生は無料
主催東北歴史博物館