!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

特別展示室 展示案内

特別展「タイムスリップ!縄文時代」

タイムスリップ!縄文時代 タイムスリップ!縄文時代

 小学校の歴史の授業で最初に学ぶ縄文時代は,電気もガスも水道もありません。車も,冷蔵庫も,お店もない縄文時代。
 縄文人はどんな人たちで,どんな生活をしていたのでしょう。
 この展示は,楽しく学べるように,体験コーナーやイラスト,子ども向けの説明などをたくさん用意しています。展示を見た後は,家族やお友達と縄文時代についてたくさんお話ししてください。

 ※ 小・中・高校生用の100円(20名以上の団体は80円)チケットを購入し,特別展に入場する本人に限り,「子ども向け展示解説」をひとり1冊,先着6,000名の方に配布します。
開催期間2018年7月21日(土)~9月24日(月)
開館時間9:30~17:00(発券は16:30まで)
休館日毎週月曜日(ただし,9/17,9/24は開館),9/18,9/25
観覧料金観覧料:一般600円(500円) シルバー500円(400円) 小・中・高校生100円(80円)
※かっこ内は20名様以上の団体
※身体障害者手帳,療育手帳,精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその介護者(1名)は,無料となります。
※東北歴史博物館友の会会員の方は窓口での本人負担はありません。(会員証の提示が必要です。)
主催東北歴史博物館
後援多賀城市/多賀城市教育委員会/多賀城市観光協会/多賀城・七ヶ浜商工会/
NHK仙台放送局/TBC東北放送/仙台放送/ミヤギテレビ/KHB東日本放送/エフエム仙台/
朝日新聞仙台総局/毎日新聞仙台支局/読売新聞東北総局/産経新聞社東北総局/
宮城ケーブルテレビ/宮城県考古学会
共催河北新報社
 
関連行事【展示解説】
 ※特別観覧チケットが必要です  事前申込不要
 毎週日曜日
 (7月22日,7月29日,8月5日,8月12日,8月19日,8月26日,9月2日,9月9日,9月16日,9月23日)

 各回11:00~11:30
 場所:特別展示室
 担当:展示担当職員

【屋外展示】
 場所:今野家住宅南側遊歩道周辺,池東側斜面。縄文時代に利用していた植物が見られます。

【関連イベント】
 7月29日(日) こども縄文時代研究①「鹿角のペンダントを作り」 

 8月18日(土) こども縄文時代研究②「縄文人は何を食べたの?」

 9月 9日(日) こども縄文時代研究③「縄文人の接着剤」

 時間:各回13:30~15:00

 定員:各回20名
 場所:当館1階実習室
 
  ※参加無料  事前申し込み制  定員に達し次第受付終了となります(先着順)。

展示構成

プロローグ 縄文時代にタイムスリップ

 昭和,江戸時代,古代,弥生時代の食器と調理具をタイムスリップするように紹介します。

 

 第1章 縄文時代のくらし

 2,400年~4,000年前の縄文時代(縄文時代後期・晩期)にタイムスリップしたように,近年発見された考古資料やイラストなどで縄文時代の暮らしを紹介します。山のムラと海のムラの暮らしを紹介し,縄文人はどんな人だったか,縄文時代の道具と衣食住などを伝えます。 

    

第2章 おじいさんから聞く昔のくらし

 1万年以上続いた縄文時代は,始まりの頃,中頃,終わりの頃では暮らしも違います。4,000年前より古い縄文時代の暮らし(縄文時代中期・前期)を,縄文時代のおじいさんから聞く昔のお話として紹介します。その中で,北の暮らしとして,青森県山内丸山遺跡を取り上げます。

 

第3章 縄文時代を生きる

 狩猟と採集で食べ物を手に入れ,医者もいなかった縄文時代は,子供のうちに死んでしまうことが今よりずっと多かったと考えられています。子供が生まれ,無事に成長して大人になることはみんなの願い。縄文人の出産・成長と老い・病気とケガ・死と埋葬について考古資料をもとに紹介します。

 

第4章 いのり と まつり

 自然とともに生きた縄文時代は,自然への感謝と豊かな恵み,あるいは穏やかな日々を願ったと思われます。豊かな恵み,子宝,日々の安全,病気や災いを避けたい気持ちは現代に生きる私たち以上だったかも知れません。縄文時代には,「いのり」や「まつり」を行うための,広場や石を規則的に並べた場所(配石遺構)と特別な道具がつくられました。それらには縄文人の願いが込められています。ここでは縄文人がつくった「いのり」と「まつり」の場と道具を紹介します。縄文人が何を思い,願ったのかを想像しながら見ていただきたいと思います。

 

体験コーナーほか 〇はかせの研究室 〇発掘体験ミニ 〇縄文食を知る(調理具と料理模型)