!!このサイトはJavaScriptによる判別が行われております。 ご覧になるにはブラウザのJavaScriptの機能をオンにしてください。!!

東北歴史博物館 TOHOKU HISTORY MUSEUM サイト入口 (FLASH)へ

催事-催事一覧-催事案内 |

公開シンポジウム-被災した文化財を次世代に伝えるために-

 宮城県被災文化財等保全連絡会議は,被災文化財等の保全管理を行うべく平成23年10月21日に組織され,以来これまで,被災資料の救出・保全・修理・保管環境の整備・返却等の活動を続けてまいりました。
 震災後6年という節目を迎えた本年度末,連絡会議は所期一定の役割を終え,解散することとなりました。これまでの活動を振り返り,この経験を今後に活かす道筋を考える場として,本シンポジウムを開催いたします。
 
基調講演講師(パネルディスカッションパネラー):青柳 正規 氏
東京大学名誉教授,前文化庁長官
1944年大連生まれ。東京大学文学部教授,国立西洋美術館長,文化庁長官などを務める。東京大学名誉教授,日本学士院会員。古代ローマの美術・考古学を専攻。40年にわたってポンペイ,アグリジェント近郊,タルクィニア近郊,ソンマ・ヴェスヴィアーナで発掘調査に携わる。著書に「古代都市ローマ」,「皇帝たちの都ローマ」,「ローマ帝国」,「文化立国論」などがある。
開催日平成29年3月20日(月・祝)
時間13:30~15:30(開場13:00)
場所東北歴史博物館 3F講堂
参加費入場無料
事前申込不要
プログラム 1 開会挨拶  鷹野 光行氏(宮城県被災文化財等保全連絡会議代表,東北歴史博物館長)
 2 宮城県被災文化財等保全連絡会議とその活動
              古川 一明氏(宮城県被災文化財等保全連絡会議事務局長,東北歴史博物館学芸部長)
 3 基調講演  「自然災害と文化遺産」
              青柳 正規氏(東京大学名誉教授,前文化庁長官) 
 4 パネルディスカッション
      「宮城の被災文化財保全活動をふりかえる」
      パネリスト:青柳 正規氏(東京大学名誉教授,前文化庁長官)
              三上 満良氏(宮城県美術館副館長)
              加藤 幸治氏(東北学院大学教授)
              幡野 寛治氏(気仙沼市教育委員会生涯学習課主幹兼文化振興係長)
              菅野 達雄氏(亘理町教育委員会生涯学習課文化財班長) 
      コーディネーター:小谷 竜介氏(宮城県被災文化財等保全連絡会議事務局)
 5 総括コメント    岡田 健氏
               (独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所保存科学研究センター長)
 6 閉会挨拶      小畑 幸彦氏(多賀城市教育委員会教育長)